無添加住宅の設計・施工、株式会社アンジコア

アンジコアの無添加住宅、漆喰(しっくい)について

昔と違う漆喰

昔と違い今使われてる一般的な漆喰は塗りやすくするために、可塑剤などを入れて柔らかくしたり、
薄く塗っても固まるように凝固材や接着剤を入れました。
これで、熟練した技術がなくても誰でも手軽に塗れる漆喰製品が誕生しました。
しかしその結果、添加物だらけのお手軽な漆喰が広く世に普及しました。

アンジコアの漆喰

貝殻株式会社アンジコアでは、漆喰を外壁材や内装材に使います。ではその漆喰がどのようにして作られているか、ご存知ですか?
漆喰は、石灰岩を1000℃で焼成してできた生石灰、これを「酸化カルシウム」いいます。
この「酸化カルシウム」に水を加えると消石灰になります。
消石灰は小学校の頃、運動会でグランドに線を引いた白い粉のことで、この白い粉が漆喰の主成分になります。消石灰に糊材、スサを加えたものが漆喰です。
アンジコアの漆喰は、糊材に「フノリ」や「ぎんなん草」といった海草を使っています。
また、スサには「麻スサ」を使っています。 アンジコアでは、化学物質を一切使わず、天然素材だけを吟味して、混ぜ合わせて作った漆喰を使います。

生石灰貝殻を釜で焼くと生石灰(写真)になります。
成分は炭酸カルシウムです。

次に生石灰に水を加えますと発熱膨張して消石灰になります。
成分は水酸化カルシウムに変わります。

この消石灰に糊を加えたものが漆喰です。



漆喰は現場で練ります。

漆喰アンジコアのしっくいは、現場でしっくいの粉から水を混ぜながら練り合わせます。

当然、「無添加」ですから防腐材や凝固剤などの化学物質を一切使っていません。
何故かというと、漆喰は生ものなので、練ったままで置いておくとカビが繁殖したり、虫が付いたりします。だから、1度に使う分ずつを現場で練りながら、塗っていきます。

漆喰は、塗り方の技ばかりが注目されますが、練ることにも職人の経験と技がいり、天気を見ながら練り加減を調整し、硬さを変えます。
この練り加減で、陽の当り方や風の強さなどを考えて塗るスピードと乾燥・硬化していくスピードを調整するのです。

その日の天気の先を読みながら練って塗っていく、これもアンジコアの漆喰だからです。



漆喰の豆知識。

漆喰のメンテナンス
漆喰が汚れたり傷ついても、補修はとても簡単です。
部分的に汚れた場合(いたずら書き等) サンドペーパーで表面を削りとってください。
漆喰はだいたい7mm程度の厚さで塗っていますので、表面を削り取ればきれいになります。 また、全体的に汚れた場合(キッチンの油汚れや、タバコなど)水で薄くした漆喰をローラーで塗布します。
クロス張りではこうはいきませんが、漆喰の補修は誰でも簡単にできます。
補修1
表面に付いた汚れは、#320番ぐらいサンドペーパーで漆喰を軽く磨きます。
補修2
漆喰のお手入れは、簡単に汚れが落ちて、特殊な洗剤などは一切必要ありません。
小さな傷ならば水に溶かした漆喰を塗り込むだけで補修できます。乾けば元通りです。

資料請求で無料プレゼント無添加な家づくり

お電話でのお申し込み 電話番号0439-50-7780

無添加住宅資料請求お申し込みフォーム

ページの先頭へページの先頭へ

お客様の声
実際にログハウスに住むお客さまに、お話を聞いてきました。
正倉院式ログの家
1200年の間国宝を守り続けた校倉建築に着目しました。
自然は住宅ログハウス
ログハウスの優れた性能に加え、市街地にも違和感のないデザイン。
アンジコアの木の家
暮らす人のことを考えるなら木の家、人にやさしい天然木を使った家。
しっくいの白い家
心まで癒してくれる、帰ってくるのが楽しみになるしっくいの白い家。
施工事例のフォトギャラリー
施工事例のフォトギャラリーをご覧になれます。
無添加の郷もくもく村
都会の喧騒を忘れさせてくれる無添加の郷。空気がご馳走、そんな山滝野の自然の森林の中でログハウスをご覧いただけます。
お問い合わせ資料請求
家のこと、土地やローンのこと、なんでもお気軽にお問い合わせください。
メールでのお問い合わせ
きりんホーム
漆喰の注文住宅・無添加の家。
無添加な暮らし、ご提案いたします。
オーナー様の相談窓口
快適に暮らしていただく為の、
ご提案もいたします。
プレスリリース

ページの先頭へページの先頭へ